ドクターリセラの口コミ 体験後エステシャンになった女性

ドクターリセラのスキンケアで救われエステシャンになった女性がいます。それが藤沢市でエステサロン「レイテノール」を経営する土橋奈津子さん。土橋奈津子さん自身子さん自身の実話なんです。

 

今ではプロのエステシャンとして日々、お客様に1人1人に全身全霊で向き合っている土橋さんですが、ドクターリセラに出会う前はお肌の悩みがたくさんでお肌に自信がなく劣等感を持っていたそうです。

 

二人の子供を一人で育てていた土橋さんはお子さんが小さい時は外へ毎日連れて出て遊びに付き合うことが多かったのですが、うっかり日焼け止めを塗ってなかったんですね。子供さんが二人もいると毎日忙しくて念入りにお肌のお手入れをする暇なんてないですよね。

もちろん忙しい毎日を過ごしていた土橋さんも肌の手入れなど全くしていなかったのですが、ある日親しい友人の一言でショックを受けました。

 

その言葉は「茶色のクレヨンをぬってきたんじゃない?」

 

自宅に帰って自分の顔をまじまじと見てみたら、ほんとうにシミがまだらにあるだけでなく全体的に錆びた鉄のようなお肌だったんです。

 

こんなんじゃ、もう元には戻れないだろう・・・・・

 

現実を認識して、かなりショックを受け毎日ふさぎこんでましたが、それでも何とか改善しようと美容について学ぶことに。

 

一時はいいと言われる化粧品を手当たりしだいに買っていた時期もあったそうですね。でもなかなか思ったような成果が出なかったので何を使っていいかわからなくなっていた頃に美容の展示会で出会ったのがドクターリセラ。

 

美容の展示会ではほとんどのスタッフがメイクをがっちりしているのに対しドクターリセラのスタッフはみんなノーファンデなのに驚いたそうです。ノ―ファンデなのにお肌の輝きが違う!

 

その時から土橋さんはドクターリセラのスキンケアを使用。するとすぐに訪れたお肌の変化。

 

顔を洗った瞬間が一番きれいでゆでたまごの皮をむいた時のようなピカ―っと光る素顔に感動。

 

さらにノ―ファンデのよいところは汗をかいても化粧崩れがない。使い続けるうちに肌トラブルは気にならなくなっていき娘からも「自分より肌がきれい」と言ってもらえるほどの変化。

この体験が土橋さんをエステシャンへの道に導いたのです。!

 

ドクターリセラの化粧品を使い体験したことを他の人にも伝えたい!とドクターリセラを使うサロンを経営することに。

 

土橋さんは現在も常に前向きに美を追求し続けています。

 

なんでも自分の目で確認しないと気が済まないし実験するのが好きだそうです。

 

たとえば右手と左手を使っての実験!

 

1年間、左手だけにドクターリセラの美容液とうきのしずくを使いつづけた実験。

 

「右手は引っ張ると皮がびろ~と伸びて残像が残って元に戻るのに時間がかかります」

「左手はひっぱっても、すぐに元にもどります」

「右手は骨ばっていて左手はふっくらしてハリがあります」

 

土橋さんが毎日のケアに欠かせないのがとうきのしずく。

 

不思議とす~っと肌になじんでベタベタしない美容液です。

土橋さんも愛用してるとうきのしずくがお得にお試しできるキャンペーン中
↓ ↓ ↓

Dr.Recella 【透輝の滴】チャレンジ10