セリン(アミノ酸)|とうきのしずくの成分

とうきのしずくは無添加のアンチエイジング美容液です。

お肌が弱かったり敏感肌の方はなるべく肌に刺激のない化粧品でスキンケアをしたのが本音だと思います。

 

だから配合されている成分の中で横文字のカタカナだったりアルファベット表記だと合成のものじゃないの?って思ってしまいますよね。ドクターリセラの化粧品はすべて化学物質や合成界面活性剤など負担になるものは使ってない、ということ。

でも成分表をみてみるとアルファベットやカタカナがたくさん並んでます。本当に化学物質はつかってないの?と心配になりますね。

そこで、透輝の滴(とうきのしずく)の成分を私なりに調べています。

 

今回は「セリン(アミノ酸)」を調査してみました。

セリン(アミノ酸)とは

セリンの原料になっているのは、なんと!「シルク」です。

 

シルクというのは、かいこが作るまゆ玉から取れる天然のものです。そのシルクからプロテインを取りだして抽出した非必須アミノ酸の一種がセリンなんです。

 

蚕(かいこ)は知っての通り虫です。その蚕(かいこ)の口から出てくる糸のようなものがシルクでバリバリの天然成分でした。

 

さらにセリンは、人の体のあらゆる器官に必要な成分と言われ特に人間の脳の神経細胞の原料になるほどの大切なものです。脳にいいと言われるほどですからお肌に悪い訳がありません。

 

ちゃんとお肌や健康面にも働きかけるとも言われています。このように透輝の滴に入ってるセリンも心配なく使える成分ということが分かりましたが、肌には個人差というものがあるのはもちろん、季節や年齢、ダメージによって変化します。

ちょっと前まで何ともなかった成分でも突然おもわぬ反応することがあるかもしれません。

初めて使う場合はお試ししたり目立たないところでパッチテストをしましょう。