紫外線と光老化の関係

紫外線で光老化するってほんと?

人は年齢があがると自然に老化していくものなので、シミやたるみ、しわができるのはしょうがないと思っていましたが予防できる老化があること知りました。それが【光老化】なんです。紫外線に直接当たることによって老化のスピードやダメ―ジが高まります。

 

紫外線によって人間の体の中に活性酸素が発生し細胞を破壊し老化していきますが、皮膚の奥のコラーゲンやエラスチンも活性酸素によって壊され大きなダメージを与えられます。それが毎日繰り返されることでお肌のターンオーバーやバリア機能が低下してしわやたるみにつながっていくということです。

 

光老化はメラニン色素を発生させる

紫外線を直接浴びたお肌の奥では表面からは見えないですがメラノサイト細胞からメラニン色素が生まれています。それは真皮層の近くで起こっているので自覚できず時間をかけてシミに変化します。

 

外出時はUVクリームを塗っているから大丈夫と思っていませんか?実は家の中にいても紫外線を浴びているのが真実なんです。紫外線には「UV-A」「UV-B」「UV-C」という3種類があり、この中で「UV-A」は一番簸長が長いため家のガラス窓をも突き抜け真皮層にも届きます。

 

「UV-A」は真皮層のコラーゲンを破壊するので、油断しているといつの間にかお肌のハリが低下します。紫外線が増えてくる季節には朝起きたら歯磨きと同時くらいにUVクリームを塗る習慣をつけることが大事かもしれませんね。

 

UV-Bは肌に炎症を起こす

UV-Aが一番厄介ですが、UV-Bも肌に炎症を起こすので注意しましょう。肌に炎症がおこると防御反応としてメラニンを発生させ皮膚を守ろうとしますがその後に残るのがシミやそばかすです。肌を守るためのメラニンが老化の原因になるなんて矛盾を感じますね。

 

UVクリームでUV-AとUV-Bに効果ありというのが多いのは肌に悪い波長だからです。顔やボディにしっかりUVクリームを塗っただけで安心してはいけません。実は目からも紫外線が入っていき、脳は勝手にメラニンを作るからです。春先から夏場に外出する時はサングラスも必要ですね。

 

UVクリームや日焼け止めはなんでもいい?

紫外線をカットできるなら、どんなものでもいいかというとそう簡単ではないでしょう。特にお肌が敏感だったり弱いと日焼け止めに配合されている成分によってトラブルが起こることがあります。紫外線吸収剤は意外に皮膚に負担をかけますし海面活性剤にも注意しましょう。

 

強い日焼け止めはクレンジングや洗顔だけで落ちないモノもあります。なるべく無添加でおとしやすいモノを選んだほうが肌への負担も少なく安全です。

 

ドクターリセラの日焼け止めはお肌に優しい

ドクターリセラの日焼け止めは紫外線吸収剤不使用でお肌に優しい紫外線反射材を使用しています。だから兆時間の使用や重ね塗りも安心です。防腐剤,パラベンなどお肌に不必要でトラブルの原因になりやすい成分を一切使用していない 無添加日焼け止めです。

 

使った人の口コミでも「他の日焼け止めでは肌荒れしてたのに、これは荒れないのですごい」「今までつかってきた日焼け止めの中でダントツに良い」「すごく伸びがいいので使いやすい」と評判になっています。私も使ってみましたがサラッとしていて落としやすかったですね。