ヒトオリゴペプチド-13(FGF)の特徴と働き

ヒトオリゴペプチド-13(FGF)はドクターリセラの美容液

透輝の滴(とうきのしずく)に配合されています。

その特徴と働きを紹介します。

ヒトオリゴペプチド-13(FGF)は英語表記では

「aFGF: Acidic Fibroblast Growth Factor」です。

日本語に訳すと、酸性線維芽細胞成長因子

難しい漢字がならんで意味がよくわかりませんね。


とりあえず難しいことは後にして、FGFはEGFと同じ

グロスファクター(成長因子)の仲間です。

もともとグロースファクターは1種類ではなく何種類かあり、

それぞれに仲間がいます。

FGFにも3種類の仲間がいますね!


1、FGF-1 : aFGF (酸性線維芽細胞成長因子)
2、FGF-2: bFGF (塩基性線維芽細胞成長因子)
3、FGF-7:  KGF (ケラチン成長(角質細胞)成長因子)

FGF-2: bFGF (塩基性線維芽細胞成長因子)は傷付いた

皮膚の細胞の再生や増殖にパワーを発揮します。

でも普通の皮膚にはFGF-1 : aFGF (酸性線維芽細胞成長因子)

の方が再生パワーが高いと言われています。


ですから化粧品に使われるのも「aFGF」のほうが多く使用され

ドクターリセラのとうきのしずくのFGFも「aFGF」です。

このFGFはEGFと一緒に配合されると想像以上の

再生パワーを発揮してくれます。

なぜかというとEGFは皮膚の表面の細胞の再生に働きますが

FGFは皮膚のもっと奥にある角質層や真皮層まで浸透に

細胞を活性化させます。

一緒に配合することで細胞の再生力があがるので

FGFは治りにくいニキビ跡の治療にも使用されていますね。

FGFは年齢が高くなると、どうしても減少してしまう

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンという美容成分を

創り出す細胞に刺激を与え再生力をアップさせます!

ココがポイントですね。

従来の美容成分を補うスキンケアではなく、その人の

お肌がもっている再生力を引き出すんですね。

顔の皮膚だけでなく全身の皮膚にも有効で

特に頭皮の血行も良くなるので育毛効果や

白髪を減らす作用もあるそうです。

 
シミ・シワ・たるみ・くすみなどの改善に欠かせない

美容成分としてFGFの注目度がアップするでしょう。